チェコ旅行へいったら食べたいごはん


2
画像参照:elPadawan

チェコ旅行するなら是非食べておきたいごはんがいくつかあります。まずはチェコの定番料理である「スヴィーチコヴァー」。チェコ料理を語る上で欠かせない料理となっています。スヴィーチコヴァーは、茹でた牛ヒレ肉と野菜を煮込んで作られた茶色のシチューで、パンであるクネドリーキと一緒に食べられる料理となっています。クネドリーキはチェコ独特のパンで、茹でて作られるため真っ白なのが特徴です。クネドリーキは色々な料理の付け合せとして登場するため、旅行に行ったら一度は味わっておきたい料理のひとつです。また、チェコは、隣接する国ハンガリーの影響でグヤーシュスープも有名です。グヤーシュスープは、パプリカやにんにくなどを使用したシチューとなっており周辺諸国で多く食べられる料理となっています。またチェコは内陸国であるが故、海がないため、川魚が魚料理の中心となっているのが特徴です。人気観光地の1つであるチェスキー・クルムロフはマス料理が人気となっているため、訪れたら食べておきたいごはんの1つとなっています。
またチェコと言えば、ピルスナーや黒ビールが有名な地です。水よりもビールの値段のほうが安いほど流通しており、ピルスナーウルケルやブドヴァルと呼ばれるビールが人気となっています。実はチェコ、国民一人あたりのビールの消費量が世界一位を誇るビール大国なのです。チェコのビールはレストラン等で食事と一緒に頂くのはもちろん、おみやげなどとして持ち帰るのにおすすめです。